ドメインの被リンクをチェックしよう

ドメインについてまだ初心者の人も多いでしょう。何のことかよくわからない、なぜドメインの被リンクがサイトにとって重要なのか?当サイトではそういった疑問を抱えている初心者の方向けにドメインについてわかりやすく紹介していきます。

2017年09月の記事一覧

topドメイン移管するには認証コードが必要です

ドメインとは、ネットワーク上のコンピュータの場所を表す、たったひとつだけの住所です。どんなものでも最初に申請した順になっていて、先に取得した人がいた場合は、後から申請しても取得できません。

ドメインを取得する利点として、自分の好きな文字の短いアドレスを使うことができ、プロバイダが決めた長い文字が入るアドレスを使わなくて良いという点があげられます。また、会社名や商品名、屋号などをつけることで、お客様にも覚えてもらいやすくなります。

そして、ドメインには種類があります。世界中のさまざまな人々が利用するために、国や目的で分類されており、国籍や業種などにも関係なく、個人や企業でも取得することが出来ます。他には、国や地域を表したものもあり、日本は「.jp」で、日本国内に住所を持つ組織や個人が取得可能です。

「. top」は2015年に新しく誕生した「トップ、頂点」を表す新しいgTLDです。ランキングサイトやレビューページなどで自社の製品をアピールしたい方には、たいへん有効なドメインとなっています。
また、gTLDドメインには、勝手に管理会社を移動したりできないように認証コードが設定されています。ドメインの移管の際には、会社によって認証コードの発行の仕方が異なりますので、必ず詳細を問合せて行うようにしましょう。

また、認証コード(AuthCode)とは、不正なレジストラ移管を防ぐ為に割り当てられている、半角英数字と記号で構成された文字列で、登録者の本人確認に利用する認証用のドメインのパスワードのようなものです。
ドメインの移管(レジストラトランスファー)を行う際などには、提出する必要がある大切なものです。

続きを読む

ドメインの停止原因と評判の良い業者を選ぶメリット

契約したドメインは、スパムメール行為を行っていたり違法サイトを運営していたりすると、いきなり停止させられる可能性があります。
しかし、停止するのは違法や悪質な使い方をしていた場合だけで、基本的に法律を守り他人に迷惑をかける使い方をしていなければ、いきなり停止することはありません。
ただし、契約時に定められた手続きを放置しておくと、ドメインが停止する可能性はあります。
ですから、契約したらすぐに決められた手続きを行うようにしてください。
また、ドメインの契約に当たっては手続き以外にも、さまざまな利用規約があります。
これらの利用規約を破ってしまうと契約違反になりますから、必ず読み込み守るようにしましょう。
手続きを行い法律や利用規約に違反しないサイトを運営していれば、ドメインの停止について考える必要はありません。
悪意をもってドメインを契約しサイトを運営しなければ、停止される可能性はゼロです。
ただし、利用規約を見落とし意図せず違反してしまう可能性はゼロではないので、その点だけには注意が必要でしょう。
どの業者も基本的には同じ対応なので、あとはネット上の評判などを参考に、契約先を決めるのが良いとされています。
基本的に業者を選ぶときは、評判の良いところを選んでおけば問題ありません。
評判の良い業者なら、サービスなどが充実しているので不満を持つことは少なくなります。
また、たとえドメインが停止させられる可能性がある場合も、事前に連絡をしてきます。
連絡を受けた後、迅速に問題点を改善させれば、停止を免れることも可能です。
評判の良い業者はこうした対応についてもしっかりしているので、トラブルになる可能性は低くなります。

続きを読む

outlookのrssエラーはドメインが原因

outlookでrssコンテンツを購読することが企業内のネットワークでは一般的になっています。これは企業内のWebサーバーで変更が生じた場合に迅速に変更内容を関連する社員が把握し、具体的な行動や対策を起こすためには非常に有効な方法で、部署ごとにサーバーが設置されている場合などは部署内で独立して迅速な対応が行えるほか、rssの設定によっては同時に複数の部署に通知を行うことも可能であるため有効に利用されています。
しかし、ごくまれにrssエラーがサーバーで発生することが有ります。これはネットワーク上にrssの通知を妨げる端末が存在していたり、rss自身の設定が誤っていたりなど様々な原因が考えられますが、その一つに,rssサイトが同一ドメインの中に存在していないという理由があります。
一般的に企業内に於いてWebサーバーを設置する場合、HTTP等のプロトコルを意識してその通信性を確認することが多いのですが、outlookを使用する場合にはMicrosoftに於けるドメイン認証を意識することが大切になります。maicrosoftのドメイン認証に於いては同一ドメイングループ以外の通信については遮断することが多く、一般的に利用されているWebやメールなどの通信以外は遮断されてしまうことが多いのです。特にrssはHTTPと非常に関連性が深いためHTTPが受信できれば問題ないと考えられてしまう面がありますが異なるプロトコルで通信されているため、ドメイングループが異なる場合には許可されずにエラーとなってしまうことになります。
このrssエラーを回避するためにはrssサーバーであるWebサーバーを同一ドメインで管理するか、outlook内でrssフィールドを作成しssサーバーと同期させ、自らをrssサーバーとして動作させることが必要です。

続きを読む

組織名の場合は乗り換え不要な日本語ドメイン

ドメインは長い年数インターネット上で運営し続けている程ページランクと呼ばれる評価が高くなるので、唯一無二のブランド化させる事ができるようになります。
ただし、そのような仕組みが働くのはこれまでのアルファベットでのドメインで、今話題性に富んでいる日本語の場合はブランド化を向上させるのは難しいです。
そのため、長期運用という観点でサイト作りを考えているのならあえて日本語に拘って乗り換える必要は無いでしょう。
しかし、全く意味が無いというわけではなく、日本語ドメインを上手に取り入れる事により、メインのウェブサイトの影響力を著しく向上させられます。
そのため、サブとしての立ち位置になっているランディングページで使う事で、門戸を開けば一つのウェブサイトだけで勝負するよりも効率性が高いです。
実態を見ると、日本語ドメインは話題性だけが先行して何も良い所が無いように感じる方も居るのですが、個人のフリーランスにはとても強い味方になります。
フリーランスでアフィリエイトサイトなどを公開してウェブサイトの運営をしている方の場合はウェブサイトの名前や組織名よりも商品名で検索される事が多いです。
当然、日本で販売されている製品であれば日本語が検索ワードとして用いられるのでピンポイントでアクセスしてもらえる可能性が非常に高まります。
つまり、先見の明があってこれから流行りそうな物をリサーチしてドメイン名を取得しておけば、流行った時に調べ物をした人々を根こそぎ集めることもできます。
言わずもがな、その分収益性が高まるので、フリーランスのように収入に不安を感じる方の場合は、大きな安心材料になる事は確実です。
こうした点から組織には向かないものの、個人は率先して取得してください。

続きを読む

ドメインと機能レベルとダッシュボードエラーについて

日本では、副業を持っている人が少なくありません。
特に、ここ数年でネットビジネスで収入を得ている人が増えています。
ドメインを取得して、投稿や編集が自由にできるブログシステムを使ってサイトを運営している人は多いです。
サーバーにブログシステムをアップして、ブラウザからブログシステムにログインすると、使えるようになります。
日本には、無料のブログサービスもあり、初心者は無料のブログサービスを使っている人が多いです。
しかし、無料のブログサービスは、運営会社の方針で、突然削除されてしまうリスクがあるのです。
そのため、最初は無料ブログを使っていた人でも、ドメインを取得しサーバーを借りて自分のサイトを運営するようになるケースが少なくありません。
ただ、慣れるまでに時間がかかる人もいます。
ブログシステムを使っていると、思わぬエラーが出てサイトに不具合が生じることがあります。
よくあるのが、ダッシュボードエラーです。
機能レベルをチェックしていても、エラーは起こります。
慣れない初心者だけでなく、ベテランでも困ってしまうことがあるのが、サーバーエラー500です。
サーバーエラー500の原因は、内部サーバーエラーです。
内部サーバーエラーを引き起こす原因は様々で、特定するのは難しいのです。
サイトデザインを変更している時に起こるサーバーエラー500は、PHPプログラムの記述が誤っているケースが多いです。
プラグインによるエラーも考えられます。
新しいプラグインをインストールした時や、インストール済みのプラグインを更新した時にエラーが起こった場合、プラグインが原因であることが多いです。
プラグインのファイルを削除することで、解決することも少なくありません。

続きを読む

ログインできないのは危険!ドメインとプロトコル

以前更新したドメインの記事はご覧いただけたでしょうか。まだご覧になってない方はTOPページから行けますので御覧ください。

本日の記事では、URLについてご説明します。
ここまで読んでいただいて改めて質問をさせていただきますが、あなたはドメインを扱ったことは有りますか?ドメインは、簡単に言うとインターネット上に存在する住所のようなものですよね。ドメインは新しく自分で作成もできますし、中古で他の人が使わなくなったものを購入して使用することもできます。
ドメインはなるべく慎重に扱った方がいいものです。購入したはいいけどその後ログインできない、なんてことにならないように必ず大切に管理をしましょう。

また、「プロトコル」というキーワードについてですが、こちらは通信を行う上で、なくてはならないものです。
ネットなどの通信サービスをやり取り可能にしてくれているものがこちらの「プロトコル」というものです。
一番我々の身近にあるものは「http」です。これは聞いたことがあるのでは無いでしょうか。そうです、インターネットでよく見るURLの冒頭に必ずと言っていいほどついている「http」です。
この「http」という通信プロトコルは、サイトを見たいユーザーと、サイトを保持しているサーバー側の間でのやり取りに使用されています。

URLというものはこの「プロトコル」と「ドメイン」から成り立っています。

インターネットで活動をする場合には、知っておかなければいけない用語がたくさんあります。インターネットは時代とともに性能も変わっていきます。いざという時に対応できずに時間を無駄にしてしまうと、何もかもがダメになってしまうので注意して使用していきましょう。

続きを読む

ドメインとポート開放に関係する類語

ドメインは、領域や範囲を表す英単語で、広義には領土や定義域という意味も含まれます。
インターネットでは、アクセス先を表す名前として、ドメインが使われている印象があります。
ドメインに近い類語の一つに、アドレスを挙げることが出来ますが、厳密には意味や定義的に異なるものです。
インターネットユーザーは、ブラウザのアドレス欄にドメインを入力するので、一般的な認識はアドレスと曖昧になっています。
特に、アドレスはURLという類語もありますから、更にわかりにくくなったり、混乱する原因となります。
一方のポート開放は、クライアントユーザーには馴染みが薄く、セキュリティー意識が高い人でない限り、言葉や意味を知らないことが多いでしょう。
ポート開放の類語は、アクセスの許可であったり、許可するポートの設定等が当てはまります。
ルート設定という言葉もありますが、これはポート開放とは意味の範囲が違うので、厳密性を求める場合の言い換えには適しません。
アクセスの許可は、ルーターやファイアーウォールの文脈で用いることで、十分にポート開放の意味を伝えることが出来ます。
ドメインとポート開放、そのどちらも類語との違いを説明するのは難しく、厳密な差を対比しようと思えば、非常に骨が折れる結果に繋がります。
ドメインを説明する時は、類語にあたるアドレスやURLを内包する概念で、様々な意味を含むと考えることが可能です。
ポート開放に関しては、複数のレーンがある通り道をイメージし、各レーンに番号が割り振られ、番号毎に通行許可が与えられると説明出来ます。
言葉で説明が難しい場合は、概念図を解説に使用したり、想像しやすい例えを用いると効果的です。
ドメインやポート開放の理解には、知識や認識を必要とするので、わかりやすく説明することが、類語との違いを知る切っ掛けとなります。

続きを読む

ドメインの被リンクは質も大切

ドメインを取得してサイトを運営するにあたって、大事になってくるのことは、いかにインターネットの検索エンジンの上位に自分のサイトを表示させるかということになります。検索をしても、上位に表示されないと、そもそもサイトに訪れる人がほとんどいないという状況になってきてしまいます。そこで、なるべくインターネットの検索エンジンで上位に表示させるために必要になってくることとしては、サイトの質を充実させるということと、被リンクを増やすということです。この中で、サイトの質の充実に関しては、自分で行うことができますが、被リンクに関しては、リンクをしてもらうかどうかは他のユーザーによるものが多いです。被リンクに関しては、ある程度多くの被リンクがあった方が、サイトの評価が高くなり、検索エンジンの上位に表示させやすいのではないかと考えがちですが、被リンクの質も重要になってきます。例えば、記事数の少ない、あまり内容のないようなサイトからたくさん被リンクを受けても、それほどサイトの評価が高まるとは考えにくいです。なぜなら、こういったことは自分でもやろうと思えばできてしまうからです。では、どのようなリンクが質の高いリンクなのかというと、検索エンジンからの評価が高いサイトからのリンク、内容が充実しているサイトからのリンクなどが良質なリンクということが言えるでしょう。検索エンジンからの評価の高いサイトというのは、質の高い被リンクを受けているサイトであり、多くの人が閲覧するサイトであり、検索エンジンでも上位に表示されているサイトのことを指します。こういったサイトからリンクを得るということは、それだけ信頼性の高いドメインだということを検索ロボットが判断しますから、評価が高くなります。

続きを読む

ドメインの被リンクをチェックするならツールを使おう

ドメインはインターネット上の住所と呼べるもので、個性的な名前のドメインや印象的なドメインはとても人気があります。インターネットのサイトでは、様々な商品やサービスの存在を知らせることができます。ドメインについて考える時は、被リンクの数を知ることが大切になります。被リンクの数が多いと、アクセス数がより増加していく傾向があります。インターネットのサイトは多くの人に知ってもらうことが重要になります。被リンクについて知ることで、サイトをよりよいものとすることもできます。被リンクの数はツールを活用することによって、知ることができます。デジタル情報を駆使する時代は、様々なツールを活用してデータを知ることが重要になります。順調にアクセス数が増えているサイトの有益性はとても高いものがあります。注目を集めることによって、新しい商品やサービスを効率的に多くの人に素早く伝えることが可能となります。ドメインの獲得は急ぐ必要もあります。先に同じ名前が使用されていますと、そのドメイン名を獲得することはできせせん。デジタル時代は様々な有益ツールが誕生しています。被リンクの数を知ることで、サイトをどのように改良するかのヒントを得ることもできます。様々なサイトを作成する時は、相乗効果について考える必要があります。様々なサイトがお互いにリンクをはることで、大きな相乗効果が発揮されます。情報の速報性が高い情報化時代は、素早い情報分析がより重要になります。被リンクのチェックにツールを活用することで、様々な変化をより素早く知ることができます。変化に上手く対応することで、デジタル時代に求められるビジネス像となります。便利な解析を可能にするツールの重要はますます高まっています。

続きを読む